昔懐かしい台所の道具がいっぱい

 
 暖簾をくぐるとそこは台所。
 水屋・かまど・台所・水がめ・一斗枡などが置かれている。
 
 板の間には、お櫃・お膳、これも格式の高いものと、低いものがあり、それぞれに使い分けられていたようだ。  土間には餅つき用の木臼と杵。
 毎年行なわれている、お正月の餅つきの時には、今でも大活躍している。
 振り向けば、店先。   真っ黒梁が170年の歴史の証。  二階からの眺め。
元のページに戻る。
inserted by FC2 system