中 庭 

         
         
         中庭風景
   

 中庭を囲んで、ギャラリー・体験棟・売店・食堂が並んでいます。

 中庭では、お正月の餅つきに始まって、七夕祭り、観月の宴、の年中行事の他、尺八・太鼓・琴の演奏会など、主に古典楽器の演奏会が開かれます。
        ギャラリー

 
 明治時代になると、参勤交代はなくなり、その上鉄道が開通して、お伊勢参りの旅人も通らなくなる事態となりました。
 旅籠は廃業して、江戸時代には質屋を兼業していた経験から、質屋と、特定郵便局の経営で昭和の時代をむかえています。。

 質屋時代に質草入れとして建てた蔵を今はギャラリーとして、種々の作品展を開催しています。

          体験棟

 ざる豆腐・柏餅・蒟蒻など岡部に縁のある食べ物造りの体験が出来るコーナーです。
 
 江戸時代の著作者 十返舎一九の「東海道中膝栗毛」の中で、豆腐と岡部の関わりについては紹介されていますが、明治になってからは、ゴンの父儀助さんの五代前のおじいさんが、”儀助豆腐”を売り出していたと言いますので、岡部は当時から豆腐づくりは盛んだったようです。
 
 ここでは、名物としてのざる豆腐と、柏屋の名に因んだ柏餅に人気が有るようです。

 那須野・藤田・山田さん三人の インストラクターが、食品作りのお手伝いをさせて頂いています。


 詳しくはここをクリックして下さい。
 

 売店前で、ざる豆腐づくり体験者に説明をするインストラクターの藤田さん
  
 明るい笑顔が評判です。
 売 店

 地元の農産物や銘品・お菓子・飲み物など、色とりどりのお土産を格安で販売しています。

 店員のチャーミングな笑顔が評判で、つい買い過ぎてしまってと、財布の中身を心配しているお客様もいるようでした。

 夏は冷たい、冬は暖かいお茶の無料サービスが嬉しいと、仲々の評判です。
 
         
           食堂 一祥庵

 
  江戸時代に建てられた「なまこ壁」の蔵を使っての食堂で す。

         
         HP;「一祥庵」で検索して下さい。

もとのページへ戻る。
inserted by FC2 system